さまざまなチケットの買取、販売を行っている大黒屋では、株主優待券の販売も行っています。例として、ANAの国内線の普通運賃が半額になるANAの株主優待券を見てみると、およそ、5,500円前後で相場になっています。期間限定とはいえ、運賃が半額になるので、遠方に行くために飛行機を利用される方は、是非利用してみてはどうでしょうか?大黒屋のホームページで相場が掲載されています。5,000円で購入したとしても、10,000円以上運賃がかかる場合に利用すれば、元が取れてしまうので、事前にANAで運賃を確認してから購入しましょう。また、買取も高額で買い取ってくれるので、株主優待券をもらったはいいけれど、飛行機に乗る機会が無いという人も、そのまま期限が過ぎて、使えなくなってしまうのはもったいないので、不要な優待券はどんどん売ってしまいましょう。大黒屋は日本全国あちこちにありますし、宅配買取も行っているので、近くに大黒屋が無い人でも買取が可能です。チケットは残りの使用期限までの期間や、季節によって、多少相場が変動することもあるので、使用期限がある優待券は早めに売却すると、高めに買い取ってくれます。
ANAの株主優待は、1000株以上保有している株主に対して、5月の下旬と11月の下旬に、前述の国内線の普通運賃が半額になる優待券とグループ各社のホテルや売店などで割引になるクーポンカタログが送られてきます。保有株数が2,000株を超えると優待券が二枚になるなど、株式保有数が増えれば、それだけ多くのメリットを受けることが出来るので、飛行機の利用回数が多い人は、優待券狙いで株式を取得してみるのもいいでしょう。